【ダビマス】繁殖牝馬の年齢について

【ダビマス】繁殖牝馬の年齢には気をつけよう!

ダビマスプレイヤーの皆さん、配合は効率良く行えていますか?[br num=”1"] 効率の良い配合を行う為に、繁殖牝馬の年齢には気をつけましょう。[b[br num=”1"]に最初期は、お金もなく繁殖牝馬を用意するのも一苦労です。[br [br num=”1"]来るだけお金をかけずに、良い繁殖牝馬を作りたいですよね。[br nu[br num=”1"]で今回は、若くて良い繁殖牝馬を用意する方法をご紹介します。

 

【ダビマス】繁殖牝馬の年齢① 「高齢化のデメリット」

繁殖牝馬が高齢化すると、高確率で不受胎になってしまうというデメリットがあります。[br num=[br num=”1"]とは、種牡馬による種付けを行った上で、仔馬が出来ないという事で、この場合も種付け料がかかってしまうので、かなり余計な資金を使うことになってしまいます。[br num=[br num=”1"]繁殖牝馬を購入してしまい、次の年の種付けで不受胎なんてことになってしまえば、大金が一気に溶けてしまいます。[br num=”1[br num=”1"]産させないためにも、繁殖牝馬の年齢には気をつけましょう。

 

【ダビマス】繁殖牝馬の年齢② 「若い繁殖牝馬を作る」

出来るだけ安くて若い繁殖牝馬を購入するというのも一つの手ですが、
もう一ついい方法があります。[br num=”1[br num=”1"]のプレイヤーにおすすめの方法ですが、数匹の種付けが終わったら、初期の繁殖牝馬を売却し、セリに出て2歳牝馬を購入しましょう。[br num=”1"][b[br num=”1"]力よりは、父系統が良い牝馬を購入していきたいですね。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]、大事に育成してあげましょう。牝馬は成績にかかわらず、引退後に繁殖牝馬にすることが出来ます。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]牝馬にすることが出来るので、3歳レースでそこそこお金を稼いだら即座に繁殖牝馬にしてしまうのもいいでしょう。[br nu[br num=”1"]r num=[br num=”1"]リットとしては、長期間その牝馬を種付け出来るという事が挙げられますが、その牝馬が繁殖牝馬としてよりも競走馬としてのほうが優秀だった場合、あまり早期に上げすぎても逆にお金が勿体無い(もっと稼げた)という事になってしまいます。[br num=[br num=”1"]br num=[br num=”1"]特に最初期の頃は、レースに勝てそうなら4歳の間くらいはレースに出してあげても良いのではないでしょうか。[br num=[br num=”1"][br num=”1[br num=”1"]なってからでも遅くないと思います。
[br num=”1[br num=”1"][br num=”1"][br num=”1"]述の不妊が心配になってきますので気をつけてくださいね。

 

【ダビマス】繁殖牝馬の年齢まとめ

如何でしたか? 繁殖牝馬の年齢は若ければ若いほど良いと思います。[br num=”1[br num=”1"]br num=”1"][br num=”1"]していきたいですね。[br num=”1"][b[br num=”1"][br num=”1"][b[br num=”1"]合をしてくださいね!

SNSで話題!?