【ダビマス】トウカイテイオーの配合について

【ダビマス】トウカイテイオーの配合

ダビマスプレイヤーの皆さん、『トウカイテイオー』は手に入れましたか?[br num=”1"] トウカイテイオーは今回のBCイベントで手に入る種牡馬で、競走馬としては七冠馬シンボリルドルフの産駒で、三冠は皐月賞、東京優駿を勝利、そしてジャパンカップ、有馬記念と大きな賞を勝っている馬です。[b[br num=”1"]牡馬としてはそれほど目立った成績ではありませんが、血統は確かなので配合は中々面白いと思います。[br [br num=”1"]性が非常に安定した馬だったそうなので、子にもその性格が受け継がれるといいですね。[br nu[br num=”1"]はそんなトウカイテイオーの配合についてご紹介致します。

 

【ダビマス】トウカイテイオーの配合① 「血統」

トウカイテイオーはノーザンダンサーの血が入っていますが、シンボリルドルフの系譜は意外と☆5馬には少ないので、面白い配合に使いやすいかもしれません。[br num=[br num=”1"]配合がし易いということは、完璧な配合もし易いということなので、もしかしたら期待できるかもしれませんね。[br num=[br num=”1"]しては圧倒的に速力が多く、時点で底力、短距離とかなり追込、差し馬向けの因子構成になっています。[br num=”1[br num=”1"]リーギフトの早熟短距離遺伝子を継いでくれば、さくっと軽い賞を連勝してお金の稼げる馬も作れるかもしれませんし、短距離で圧倒的な力を見せられるならば、『スプリンターズステークス』も狙えるかもしれません。[br num=”1[br num=”1"]てはもっと大きなレースを勝てる馬ができる可能性もありますね。

 

【ダビマス】トウカイテイオーの配合② 「オススメの配合相手」

やはりスピード系の因子が多いのでレイズアネイティヴ系の繁殖牝馬を使いたいところですね。[br num=”1"][b[br num=”1"]てノーザンダンサーのクロスを狙っていくのもいいかもしれません。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]あれば、レイズアネイティブ系で速力の高いキングカメハメハを使って血を引いてくるとかなりいい感じだと思います。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]を生かさない手はありませんので、追込、差しの馬を作っていきたいですね。[br nu[br num=”1"]r num=[br num=”1"]出るかもしれませんが、短距離中心の馬でもGⅠは幾らか勝てるのでそれでも良いと思います。

 

【ダビマス】トウカイテイオーの配合まとめ

如何でしたか?やはり速力の因子が多いので、子供は追込、差しの馬として育てていきたいところですね。[br num=[br num=”1"]r num=[br num=”1"]階堂調教師』の持っている才能『重圧』は追込、差し用に作られた才能となっているので、この才能を子に覚えさせるのもいいかもしれません。[br num=[br num=”1"][br num=”1[br num=”1"]オーの子を作ってみてくださいね!

SNSで話題!?