【ダビマス】繁殖牝馬『ヨロコビノウタ』について

ダビマスプレイヤーの皆さん、繁殖牝馬選びはちゃんとやっていますか?

繁殖牝馬を選ぶ時に一番気になるのが牝馬の値段ですよね。

高額な繁殖牝馬の中でも人気のある一頭に『ヨロコビノウタ』が居ます。

今回はこのヨロコビノウタについてご紹介していこうと思います。

 

【ダビマス】繁殖牝馬『ヨロコビノウタ』の能力、血統


モデル馬:ポイントフラッグ

ヨロコビノウタは13億2000万という価格をつけられた繁殖牝馬で、勿論市場評価『優』です。

血統因子には父にメジロマックイーンを持ち、またノーザンダンサーやプリンスリーギフトといった著名サイアー達の血を継いでいます。

この馬は恐らく『ポイントフラッグ』という馬をモデルに作られていますが、一応本作のオリジナル馬です。

このポイントフラッグという馬は、ステイゴールドとの子にあの天皇賞春を連覇した『ゴールドシップ』を持っていますが、今作でもその配合をこのヨロコビノウタを代替にして再現可能です。

ただし、ステイゴールドはヘイルトゥリーズン系の☆5とはいえ気性C、安定Cと非常に扱いの難しい種牡馬ですので、この配合が必ずしもうまくいくとは限らなそうですね。

ヨロコビノウタの因子

 

【ダビマス】繁殖牝馬『ヨロコビノウタ』の配合オススメ

ヨロコビノウタの配合相手としては、先述したステイゴールドは面白い配合となっています。

さらに底力、早熟、短距離のクロスがあり、安定感はないかもしれませんが最初に稼ぐ馬としては優秀かもしれません。

ただ、ヨロコビノウタを買えるのは確実にかなり資金が安定してからだと思いますし、リスクを考えるとあまりこの配合はおすすめ出来ないかもしれません。

インブリードはありませんが、ノーザンダンサー系のスピードの血を持っていると考えれば、事前登録でもゲットできる『ニホンピロウィナー』は相手としては良いかもしれません。

このニホンピロウィナーは固有の非凡な才能『威風』を継承すれば、追い込み時に異様な力を発揮することが出来るので、スピード型の追い込み馬を作るには最適の馬です。

ただし、根性がないと距離適性が短くなりやすいので、天皇賞などの大きなレースだと距離が長いので厳しいかもしれません。

それでも前述の配合よりはインブリードもしていない分安定しているのではないでしょうか。

ローリスクミドルリターンが見込めると思います。

 

【ダビマス】繁殖牝馬『ヨロコビノウタ』まとめ

如何でしたか?

高額な牝馬なだけあって選択肢は多いと思います。

皆さんもヨロコビノウタを購入して、最強馬の配合を目指してみてくださいね!

SNSで話題!?