【ダビマス】イーライザ×ストラヴィンスキー

【ダビマス】配合論 イーライザ&ストラヴィンスキー

ダビマスプレイヤーの皆さん、配合は上手に行っていますか?[br num=”1"] ダビマスの配合はかなり奥が深く、初心者には少し難しいかもしれません。[b[br num=”1"]だ良い種牡馬を良い繁殖牝馬につけるだけでなく、自家製で種牡馬、繁殖牝馬をつくったりと様々な手法がありますが、やはりまずは情報を集めることが重要になってくると思います。[br [br num=”1"]こで今回は、数ある配合の中でも「イーライザ」「ストラヴィンスキー」この2頭について解説していきたいと思います。[br nu[br num=”1"]h2>【ダビマス】配合論 イーライザ&ストラヴィンスキー①

この二頭を上手く使って二代目配合をすることで、かなりの良馬ができるようです。[br num=[br num=”1"]には、まずイーライザとストラヴィンスキーを配合、ここで牝馬をつくってキングカメハメハと配合するというやり方のようです。[br num=[br num=”1"]生まれるかどうかは残念ながら運次第ですが、ストラヴィンスキーを複数用意できれば確率はあがるでしょう。[br num=”1[br num=”1"]ザはかなり価格が高いので、出来る限りお金をムダにしないように毎年種付けを行っていきたいですね。[br num=”1[br num=”1"]生まれたら、高く売れる内にセールに出してしまうのもいいかもしれません。[br num=”1"][b[br num=”1"]キングカメハメハは、それだけでも見事な配合が狙える非常に良い配合ではありますが、クロスがあまり強くありません。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]血を濃くしたいので☆4のストラヴィンスキーを挟むという少しギャンブル性のある配合になっています。[br [br num=”1"]r nu[br num=”1"]て、因子がどうしても抜けやすくなってしまいますので、出来ればここで牡馬を狙っていきたいところです。[br nu[br num=”1"]r num=[br num=”1"]メハは☆5な上に種牡馬は一度使うと消えてしまうので、中々厳しいところですね。[br num=[br num=”1"] num='1"]【ダビマス】配合論 イーライザ&ストラヴィンスキー②</span'>

2頭の血統を見ていきましょう。[br num=[br num=”1"][br num=”1[br num=”1"]ー系で、ボールドルーラーなどの血を持っています。[br num=”1[br num=”1"]r num=”1"][br num=”1"]距離の適性が高そうですね。[br num=”1[br num=”1"]br num=”1"][br num=”1"]常に持つ因子が多い種牡馬です。[br num=”1"][b[br num=”1"]num=”1"]し[b[br num=”1"]ますが、それでもCは底力のみと、そこそこの能力を持った馬になっています。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]m=”1"]いと[br [br num=”1"]と都合の良い馬なのではないでしょうか。[br [br num=”1"]>[br nu[br num=”1"][br num=1">[br num=1">

如何でしたか?[br num=”1"][br num=”1"]璧[br nu[br num=”1"]うにもなれると思います。[br nu[br num=”1"][br num=[br num=”1"]1"]合を見つ[br num=[br num=”1"]ね!

SNSで話題!?