【ダビマス】完璧な配合“3代目”について

【ダビマス】3代目で完璧な配合をつくろう!

ダビマスプレイヤーの皆さん、『完璧な配合』の馬はもう出来ましたか?[br num=”1"] 完璧な配合は、面白い配合と見事な配合を同時に成立させる場合のみに出来る配合で、特に有名な種牡馬は、メジャーな血統であるため面白い配合が成立しづらく、かなり成立しづらい配合理論となっています。[b[br num=”1"]だ、2代目、3代目と代を重ねる毎に面白い配合は成立しやすくなっていくので、その中で見事な配合を行うことができれば完璧な配合を成立させることは出来ます。[br [br num=”1"]いうことで、今回は自家製の繁殖牝馬や種牡馬を使った完璧な配合の仕方をご紹介します。[br nu[br num=”1"]h2>【ダビマス】3代目で完璧な配合①

なぜ3代目か、と言うと、2代目だとどうしてもヘイルトゥリーズンやノーザンダンサーといった有名な種牡馬の血が入ってきてしまうからです。[br num=[br num=”1"]で種牡馬を作れるクラスになれれば、それらの血を排除していけるので面白い配合自体は成立しやすいです。[br num=[br num=”1"]の中で見事な配合を成立させるのは中々難しいでしょう。[br num=”1[br num=”1"]有名な種牡馬の血を薄くするということは、それだけ能力が安定しにくいという事にもなります。[br num=”1[br num=”1"]いい馬の血だけは引きつつ、血統がバラバラになるように調整していきたいですね。[br num=”1"][b[br num=”1"]"3-3">【ダビマス】3代目で完璧な配合②

自家製の繁殖牝馬、種牡馬で配合していく上でどうしても問題になってきてしまうのが『因子』です。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]く優秀な因子を持っており、自家製馬を繋げていくとどうしても血と共にそれらの因子が薄くなっていってしまいます。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]、出来る限り牝馬、種牡馬どちらかのほうに因子が多い馬を当てましょう。[br nu[br num=”1"]r num=[br num=”1"]や種牡馬でも良いと思います。因子さえあればの話ですが。[br num=[br num=”1"]br num=[br num=”1"]たいのであれば、かなり能力を高くしておく必要があるので、この作業は繁殖牝馬を作る時にやっていきたい作業ですね。[br num=[br num=”1"][br num=”1[br num=”1"]るには数代の代替わりを繰り返す必要があります。[br num=”1[br num=”1"]r num=”1"][br num=”1"]引き継いでいくかが重要になってくるでしょう。出来れば非凡な才能も、どこかで継承しておきたいですね。[br num=”1[br num=”1"] num='1"]ビマス】3代目で完璧な配合まとめ</span'>

如何でしたか?[br num=”1"][b[br num=”1"][br num=”1"][b[br num=”1"]合上、序盤ではかなり難しいですし、非凡な才能やレベルの高い特別調教師が必要になってくると思います。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]m=”1"]、し[br [br num=”1"]備をしてから望みましょう。

SNSで話題!?