【ダビマス】名牝 セルフメンション編

【ダビマス】名牝『セルフメンション』

ダビマスプレイヤーの皆さん、名牝ブルードメアセールは有効活用していますか?[br num=”1"] このイベントでは、セールで今までの「優」評価の牝馬の更に上、名牝ランクの様々な牝馬達が売り出されています。[b[br num=”1"]牝セールで売り出される馬はランダムですが、どれも非常に能力の高い牝馬ばかりです。[br [br num=”1"]だし、それ相応の資金が必要になるので、出来る限りお金を無駄に使わないために、牝馬達の情報を揃えておきたいですよね。[br nu[br num=”1"]で今回は、名牝達の中から「セルフメンション」についての情報をご紹介致します。[br num=[br num=”1"]>【ダビマス】名牝『セルフメンション』① モデル

セルフメンションの父はハイエストオナー、そして母父はダンシングブレーヴとなっており、この配合に当てはまる馬は存在しないようなので、どうやらオリジナル馬のようですね。[br num=[br num=”1"]ストオナーはフランスの競走馬で、通算成績は14戦4勝です。[br num=”1[br num=”1"]と言えば種牡馬としてのほうが成功している牡馬で、1995年、2000年にフランスのリーディングサイアーを獲得しています。[br num=”1[br num=”1"]ダンシングブレーヴはアメリカ生まれでイギリスで活躍した競走馬です。[br num=”1"][b[br num=”1"]パクトが勝てなかったあの凱旋門賞を勝っている馬で、通算成績はなんと10戦8勝。年度代表馬にも選ばれ、イギリス、フランス、アメリカと3ヶ国を股にかけて活躍しました。[b[br num=”1"]br> 引退後は日本でも種牡馬として活躍し、キングヘイローやテイエムオーシャンといったGⅠ馬を排出しました。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]としては当然のごとくノーザンダンサーの血を引いており、勿論セルフメンションにもその血は受け継がれているのでクロスはかけやすいでしょう。[br nu[br num=”1"]ダビマス】名牝『セルフメンション』② 配合

配合相手ですが、☆5のキングカメハメハとよく出来た配合が成立します。[br num=[br num=”1"]br num=[br num=”1"]る中では唯一の☆5馬でもあり、尚且つ安定A、気性Aと非常に安定した種牡馬です。[br num=[br num=”1"][br num=”1[br num=”1"]いうことでダビマスでも有名、人気な種牡馬となっており、セルフメンションとはノーザンダンサーのクロスがいい感じですね。[br num=”1[br num=”1"]r num=”1"][br num=”1"]、スピードがかなり高くなりやすいので、直線でグッと伸びてくる馬が期待できそうですね。[br num=”1[br num=”1"] num='1"]ビマス】名牝『セルフメンション』まとめ</span'>

如何でしたか?[br num=”1"][b[br num=”1"][br num=”1"][b[br num=”1"]あれば、よく出来た配合にこだわらずとも、面白い配合や相性次第では☆4、☆3との配合でも良いと思います。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]m=”1"]せる[br [br num=”1"]みてくださいね。

SNSで話題!?