【ダビマス】完璧な配合を二代目で実現!

【ダビマス】完璧な配合を二代目で!

ダビマスプレイヤーの皆さん、完璧な配合はもう行いましたか?[br num=”1"] 勿論良い牝馬、良い種牡馬を使えばよく出来た配合でもGⅠクラスの馬は十分作れると思います。[b[br num=”1"]すが、上手く完璧な配合を作れれば、BCイベントすら実力でねじ伏せられるクラスの馬が出来るかもしれませんよ?[br [br num=”1"]後の資金源を作っていくためにも、出来るだけお金をかけずに自家製牝馬で完璧な配合を作ってしまいましょう。[br nu[br num=”1"]うことで今回は二代配合で完璧な配合を作るコツをご紹介致します。[br num=[br num=”1"]>【ダビマス】完璧な配合を二代目で① 配合理論

そもそも完璧な配合とは、配合理論の1つであり、『面白い配合』、『見事な配合』この2つが同時成立する時にのみ行える配合です。[br num=[br num=”1"]見事な配合』は良く出来た配合の上位互換であり、見事な配合と面白い配合が同時に成立する場合はゲーム内での表記は「よく出来た配合」となるようです。[br num=”1[br num=”1"]た配合は、繁殖牝馬、種牡馬の4つの親系統の内、3つが一致していれば成立しますが、見事な配合ではこれらが全て一致しなければいけません。[br num=”1[br num=”1"]白い配合は、お互いの馬の4代祖先馬までに親系統が合計7種類以上ある必要があり、これらを同時に満たす馬はかなり少ないです。[br num=”1"][b[br num=”1"]で唯一これを満たす組み合わせが『ゴールドシップ』と『メゾンフォルティー』ですが、この配合を作るにはかなりの馬蹄石と資金が必要になってしまいます。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]を自力で作り出せるようになれれば、☆5種牡馬と名牝クラスの自家製産馬の配合も夢ではないかもしれません。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]論の成立のさせかたは知っておいて損はないと思います。[br nu[br num=”1"]ダビマス】完璧な配合を二代目で② 系統表

少し難しい話になってしまいますが、完璧な配合を自家製で成立させるには、系統表の見方を知っておく必要があります。[br num=[br num=”1"]br num=[br num=”1"]も何のことだかわからないという方も多いのではないでしょうか?[br num=[br num=”1"][br num=”1[br num=”1"]だけに特化した見方をお教えします。[br num=”1[br num=”1"]r num=”1"][br num=”1"]上、上から6番目、9番目、13番目の馬名を見ます。[br num=”1[br num=”1"]br num=”1"][br num=”1"]で同じ部分を見るので覚えておくといいでしょう。[br num=”1"][b[br num=”1"][br num=”1"][b[br num=”1"]系統表の一番上、上から6番目、9番目、13番目の馬名を見ます。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]um=”1"]らし[br [br num=”1"]に7種類以上の別名が入っていれば面白い配合となります。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]=”1"]、種[br nu[br num=”1"]上から5番目、8番目、12番目、そして一番下を見ます。[br nu[br num=”1"]r num=[br num=”1"][br num=”1"][br num=[br num=”1"]は4つ共一致していれば見事な配合、3つ一致していればよく出来た配合となります。[br num=[br num=”1"]br num=[br num=”1"]"]立するの[br num=[br num=”1"]。[br num=[br num=”1"]/h2>

如何でしたか?[br num=”1[br num=”1"]r num=”1"][br num=”1"][br num=”1"][br num=”1"][br num=”1"]え[br num=”1"][br num=”1"]も必要あり[br num=”1"][br num=”1"] 馬蹄石を賢[br num=”1"][br num=”1"]なりましょ[br num=”1"][br num=”1"]class="dabim-after-content-1" data-id="917" id="dabim-1805559182">

SNSで話題!?