【ダビマス】イーライザのニックスについて

【ダビマス】イーライザのニックス

ダビマスプレイヤーの皆さん、『ニックス』についてご存知ですか?[br num=”1"] ニックスは公式からあまり情報が出ていないので、かなり不確定的要素ではありますが、高レア度の種牡馬のかけあわせで生まれる配合理論のようです。[b[br num=”1"]常に難しい配合理論で、使いこなすにはかなりの知識をつけなければいけません。[br [br num=”1"]こで今回は、『イーライザ』をモデルにし、ニックスについて解説していこうと思います。[br nu[br num=”1"]h2>【ダビマス】イーライザのニックス① ニックスについて

まずニックスを見る時は、種牡馬の子系統と繁殖牝馬の「父、母父、母母父、母母母父」の各子系統を見る必要があります。[br num=[br num=”1"]イザでいうと、父がチーフズクラウン、母父がキートゥザミント、母母父がコーニッシュプリンス、母母母父がティーヴィーラークとなっています。[br num=[br num=”1"]ここからが非常に難しい話なのですが、この馬達の子系統と、種牡馬の子系統をみて、その組み合わせによって相性の「ポイント」が決まっています。[br num=”1[br num=”1"]クラウンはノーザンダンサー系なので、最高相性は「ヘイルトゥリーズン」系で相性値は5です。この値を種牡馬のランクにかけた値が相性値として出ます。[br num=”1[br num=”1"]も純粋に☆の数ではなく、☆5ならば繁殖牝馬の父に対しては3倍、母父に対しては2.5倍と決められた値になっています。[br num=”1"][b[br num=”1"]母母父の分もみて足していくのですが、同じ組み合わせが2度成立したときは1ポイント(×ランク)のみ入ります。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]わかりづらいので、イーライザと相性のいい馬を例にして解説していきたいと思います。[br [br num=”1"]>[br nu[br num=”1"];【ダビマス】イーライザのニックス② 配合例

ここでは、ディープインパクトを例にして解説していきたいと思います。[br nu[br num=”1"]r num=[br num=”1"]ヘイルトゥリーズン系、☆5なので父系の倍率は3倍で、イーライザの父チーフズクラウンはノーザンダンサー系なので相性は抜群の5。3×5で相性値が15になります。[br num=[br num=”1"]br num=[br num=”1"]ボー系。リボー系とヘイルトゥリーズンの相性は0です。[br num=[br num=”1"][br num=”1[br num=”1"]はボールドルーラー系。先述のリボー系との相性は3ですが、残念ながらヘイルトゥリーズン系との相性は0でした。[br num=”1[br num=”1"]r num=”1"][br num=”1"]、結局ディープインパクトとイーライザの相性は15となりました。[br num=”1[br num=”1"]br num=”1"][br num=”1"]ンダンサー系の相性はやはり抜群で、15でもかなり高い方なので、この系統同士の配合は間違い無さそうですね。[br num=”1"][b[br num=”1"]um='1"]'>

如何でしたか?[b[br num=”1"]br [br num=”1"]m=”1"]系×[br [br num=”1"]ズン系は黄金の配合でしたね。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]=”1"]勉強[br nu[br num=”1"]を目指しましょう!

SNSで話題!?