【ダビマス】配合時の因子について

【ダビマス】配合 因子について

ダビマスプレイヤーの皆さん、配合する時、どこを見ていますか?[br num=”1"] クロス等配合の相性や、種牡馬の能力を見るのもいいですが、因子も重要な要素の1つです。[b[br num=”1"]にクロスが有効な時は、その因子を色濃く受け継ぎやすいので、是非因子に目を通しておきたいですね。[br [br num=”1"]こで今回は、配合時の因子についてご紹介致します。[br nu[br num=”1"]h2>【ダビマス】配合 因子について① 因子の種類

ダビマスには10種類の因子があります。
まずは『短距離』これは見たとおり短距離馬になる因子ですね。[br num=[br num=”1"]にはスピードが大きく上昇、スタミナが少し下がります。[br num=[br num=”1"]長距離』はスタミナが大きく上昇、スタミナが少し下がります。[br num=”1[br num=”1"]の因子はスピードが少し上がり、『底力』の因子は勝負根性、スタミナが上がります。[br num=”1[br num=”1"]スタミナ上昇については、公式の開発者談話で触れられていたようで、上昇することは確かなのですが、検証の結果かなり少量なのではないかといわれています。[br num=”1"][b[br num=”1"]ないほうがいいかもしれませんね。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]そのまま、ダート適性が小アップし、『丈夫』は体質が小アップします。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]は成長タイプに関わる因子で、『ピーク』の時期が早くなったり遅くなったりします。[br nu[br num=”1"]r num=[br num=”1"]最大に達する期間で、その期間が終了すると馬の能力は低下を初めます。[br num=[br num=”1"]br num=[br num=”1"]に能力がピークに達し、ピークをすぎると急激に下がっていくタイプで、晩成タイプは緩やかにピークに達し、緩やかに落ちていくタイプです。[br num=[br num=”1"][br num=”1[br num=”1"]ただし勝負根性が少し下がります。[br num=”1[br num=”1"]r num=”1"][br num=”1"]まりない因子で、馬の気性が下がってしまいます。[br num=”1[br num=”1"] num='1"]ビマス】配合 因子について② 因子の詳細</span'>

特にわかりにくい『勝負根性』についてですが、この能力を上げておくと、馬体を併せた(=横に並んだ)馬からスタミナやスピードを奪取できるようです。[br num=”1"][b[br num=”1"][br num=”1"][b[br num=”1"]だ時に差し返したりすることがあるのはこの勝負根性が高いからでしょう。[b[br num=”1"]br [br num=”1"]m=”1"]テー[br [br num=”1"]により底力の因子は少量とはいえスタミナも上昇しているようなので、積極的にクロスを狙っていくと良いでしょう。[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]=”1"]ナよ[br nu[br num=”1"]が重要視されているので、あまりスタミナに傾倒するのも考えものですね。[br nu[br num=”1"][br num=[br num=1">

如何でしたか?[br num=”1"]1"]で、賢い[br num=[br num=”1"]になると思います。[br num=[br num=”1"][br num=[br num=”1"]1"]ましょう[br num=[br num=”1"]lass="dabim-after-content-1" data-id="917" id="dabim-1930532301">

SNSで話題!?