【ダビマス】プルークボーゲン×ストリートセンス

【ダビマス】プルークボーゲン×ストリートセンス

ダビマスプレイヤーの皆さん、プルークボーゲンの配合は試してみましたか?[br num=”1"] プルークボーゲンはランク「優」の繁殖牝馬で、父はサッカーボーイ、母はクリムゾンラトラーで、モデルはマイネルキッツなどを排出した『タカラカンナ』です。[b[br num=”1"]マイネルキッツは天皇賞春も勝利しており、通算賞金は5億超えの名産駒です。[br [br num=”1"]なり良い牝馬ですが、その分値段も高いので、購入するかどうかは迷う所ですよね。
そこで今回は、プルークボーゲンの配合例として、ストリートセンスとの配合例をご紹介します。[br nu[br num=”1"]

【ダビマス】プルークボーゲン×ストリートセンス①

まずは配合相手のストリートセンスについてご紹介します。[br num=[br num=”1"]リートセンスはアメリカ合衆国出身の牡馬です。[br num=[br num=”1"]としてもアメリカで活躍し、通算成績は13戦6勝、賞金450万ドル程とそこそこの成績を残し種牡馬入りしています。[br num=”1[br num=”1"]といえば馬の育成で有名なのはケンタッキー州ですね。[br num=”1[br num=”1"]どの辺りの出身かはわかりませんが、ケンタッキー州は競走馬の都と呼ばれる程大規模な馬の育成場になっているので、もしかするとこの馬もこの辺りの出身なのかもしれません。[br num=”1"][b[br num=”1"]競馬に縁がなかった馬ですが、産駒のフリートストリートが日本競馬に輸入され、重賞も制覇しています。[b[br num=”1"][br [br num=”1"]und-color:#00FFFF;">アメリカではかなり成績を残した馬で、日本で一度供用される事になった後、産駒の成績が伸びてアメリカにもう一度渡って種牡馬として活動することになったという経歴ももっています。[br [br num=”1"]r nu[br num=”1"]種牡馬としての活躍の方が目立つ馬なので、種牡馬としてはかなり期待のできる馬なのではないでしょうか。[br nu[br num=”1"][br num=[br num=”1"]none size-full wp-image-817" height="218" src="http://dabimasu.site/wp-content/uploads/2017/01/imgres-42.jpg" width="231">

【ダビマス】プルークボーゲン×ストリートセンス② 相性

ストリートセンスとプルークボーゲンはノーザンダンサーのクロスが成立します。[br num=[br num=”1"][br num=[br num=”1"]Aですが、実績がBなのが少し痛いところですね。[br num=[br num=”1"] num='1"]color:#FFFF00;"'>安定がAだと親の能力に近くなりやすくなり、実績はそのまま親の能力の事なので、安定がAの馬は基本的に実績はAでないと厳しいという所があります。[br num=”1[br num=”1"]イズアネイティヴ系も親に持っており、血統は優秀ですし、実際に種牡馬としても活躍した経歴があるので、この配合で期待しても良いのではないでしょうか。[br num=”1[br num=”1"] num='1"]'>

如何でしたか?[br num=”1"][b[br num=”1"]num=”1"]し[b[br num=”1"]ませんが、ストリートセンスは他の配合でも使えるので、是非使って頂きたいと思います。[b[br num=”1"][br [br num=”1"]um=”1"]ては[br [br num=”1"]。

SNSで話題!?