【ダビマス】プルークボーゲン×ハーツクライ

【ダビマス】意外な相性!?プルークボーゲン×ハーツクライ

ダビマスプレイヤーのみさん、プルークボーゲンの配合は試してみましたか?[br num=”1"] プルークボーゲンはかなり様々な配合例が既に挙げられており、☆4馬のテスタマッタとは見事な配合が成立する他、3代配合としてプルークボーゲンとネオユニヴァースで牝馬をつくり、さらにその牝馬とハーツクライの間で出来た牝馬にストリートセンスで完璧な配合が成立するようです。[b[br num=”1"]この配合も非常に優秀ですが、最後につけるのが☆4で実績Bのストリートセンスなのが少し気になりますよね。[br [br num=”1"]こで今回は、この配合で使われているハーツクライとプルークボーゲンの相性について調べてみました。実はこの2頭、初代配合でも意外と相性が良かったりするようです。[br nu[br num=”1"]

【ダビマス】プルークボーゲン×ハーツクライ①

まずはハーツクライについてですが、ハーツクライは☆5の種牡馬で、実績A、底力A、気性がAと申し分ない能力を持っています。[br num=[br num=”1"]style="background-color:#FFFF00;">体質と安定はBですが、体質はBでもそこまで気になる程ではないですし、なにより安定は低くても実績さえ高ければほとんど良い馬が生まれます。[br num=[br num=”1"]安定が低い事により、親を超える馬が出来たりもするようなので、Bでも良いと思います。[br num=”1[br num=”1"]e="background-color:#00FFFF;">系統もターントゥから繋がるサイアーラインを血統に持っており、トニービンやノーザンダンサー等、かなり良い血統を持っていると思います。[br num=”1[br num=”1"]プが晩成なのが少し気になるところですが、逆に言えばこまめに馬体解析を行って、手塩にかけて育ててあげれば多少の配合の乱数による誤差は修正出来るので、むしろ実働期間が長くなりやすくて良いのではないでしょうか。[br num=”1"][b[br num=”1"]、この種牡馬は非常に優秀な能力を持っていると思います。[b[br num=”1"] 【ダビマス】プルークボーゲン×ハーツクライ② 相性

ハーツクライとプルークボーゲンは面白い配合、ノーザンダンサーのクロスが成立しています。[br [br num=”1"] num='1"]round-color:#00FFFF;"'>面白い配合は勝負根性が上がりやすい配合で、さらにノーザンダンサーのクロスは因子が底力で、勝負根性とスタミナがあがる効果があるので、非常に勝負根性に優れた馬ができるのではないでしょうか。[br nu[br num=”1"]br num=[br num=”1"]はつきにくいので、最初に勝負根性をこれだけ付けられるのはかなり大きいと思います。[br num=[br num=”1"][br num=[br num=”1"]、配合相性としては抜群の部類に入ると思います。[br num=[br num=”1"]

【ダビマス】プルークボーゲン×ハーツクライまとめ

如何でしたか?[br num=”1[br num=”1"]br num=”1"][br num=”1"]常にオススメしたい配合です。[br num=”1[br num=”1"][br num=”1"][br num=”1"]。皆さんも是非試してみてくださいね!

SNSで話題!?