【ダビマス】プルークボーゲンの代重ねについて

【ダビマス】プルークボーゲンの代重ね

ダビマスプレイヤーの皆さん、代重ねは行っていますか?[br num=”1"] 代重ねとは、基本的には種牡馬や繁殖牝馬を使って、生まれた牝馬にさらにガチャ産の種牡馬を合わせていくもので、自家製の牝馬を使っていくことにより新たな配合が生まれるので、普通では行えない種牡馬で完璧な配合が成立したりするという手法です。さらに種牡馬も自家製にする事により、完全にオリジナルの完璧な配合もできるかもしれません。[b[br num=”1"]プルークボーゲンも初代配合では完璧な配合はありませんが、代重ねで完璧な配合を作ることが出来ます。[br [br num=”1"]回はそんなプルークボーゲンの代重ねについてご紹介致します。[br nu[br num=”1"]

【ダビマス】プルークボーゲンを代重ねしよう!

第一条件ですが、種牡馬として『ストリートセンス』が絶対に必要になります。[br num=[br num=”1"]ストリートセンスは最後に完璧な配合を成立させるのに必要です。[br num=[br num=”1"]使うので、牝馬を狙う必要性がなく、基本的には1回種付け権があれば事足りてしまいますが、基本的に競走馬としては牡馬のほうが成績を残しやすいので、牡馬を狙っていくのであればストリートセンスも複数回の種付けができたほうが良いでしょう。[br num=”1[br num=”1"]e="background-color:#FFFF00;">自家製牝馬ですと、早めに引退すれば確実に何度も種付けのチャンスはあるので、産駒の能力がよくなかったときも考慮して予備を何回分か用意しておくのはかなり有効な手だと思います。[br num=”1[br num=”1"]5馬として『ハーツクライ』が必要です。☆5なので中々手に入りませんが、ここで牝馬を作る必要があるので、是非複数用意しておきたいところではありますね。[br num=”1"][b[br num=”1"]なかった場合に即座に交換だと一年無駄になってしまいますが、自家製牝馬ならば年数には余裕が出ますし、☆5を2頭犠牲にするのは辛いので、交換するのであれば牡馬が生まれた瞬間でも遅くはないでしょう。[b[br num=”1"][br [br num=”1"]ユニヴァースが必要です。ネオユニヴァースは☆4の馬ですが、ここも牝馬が必要なので何頭か用意しておきたいですね。[br [br num=”1"]r nu[br num=”1"]ネオユニヴァース×プルークボーゲンの牝馬にハーツクライを種付け、そこで牝馬が生まれればそのままストリートセンスを使えば、完璧な配合を成立させることが出来ます。[br nu[br num=”1"][br num=[br num=”1"]【ダビマス】プルークボーゲンの代重ねまとめ

如何でしたか?[br num=[br num=”1"]r num=[br num=”1"]能性があるので、あまりダビマス初心者にオススメ出来る配合ではありませんが、代重ねでつくる完璧な配合はかなりいい馬が出来る可能性が高いです。[br num=[br num=”1"]r num=”1[br num=”1"]もAなので安定性が高そうですし、他の配合でも使えるのでもし余ったら他の配合を試してみると良いかもしれませんね。

SNSで話題!?