【ダビマス】プルークボーゲンの血統について

【ダビマス】プルークボーゲンの血統解説

ダビマスプレイヤーの皆さん、血統についてどのくらい知っていますか?[br num=”1"] この種牡馬は、この繁殖牝馬は○○系だ、という事すら覚えていないようでは、まだまだダビマスを極めたとは言えないでしょう。[b[br num=”1"]そこで今回は、数ある繁殖牝馬の中から、プルークボーゲンについて解説しようと思います。[br [br num=”1"]nu[br num=”1"]

【ダビマス】プルークボーゲンの血統解説① モデル

まずプルークボーゲンはプルークボーゲンはランク「優」の繁殖牝馬です。[br num=[br num=”1"]ランクは名牝に継ぐ2番目の強さで、現在名牝はイベントでしか手に入らないので、現状最強のランクをもつ繁殖牝馬です。[br num=[br num=”1"]ッカーボーイ、母はクリムゾンラトラーで、モデルはマイネルキッツなどを排出した『タカラカンナ』となっています。[br num=”1[br num=”1"]キッツは天皇賞春を勝利する等、かなりいい成績を残した産駒となっています。[br num=”1[br num=”1"]ンナは実はスイートラベンダーという、超名牝の血の流れを継いでおり、この血は優性遺伝しやすい特徴があるようです。[br num=”1"][b[br num=”1"]馬は目立って大きな産駒成績はマイネルキッツの天皇賞を除けばありませんが、実は逆に全く勝てない馬をほとんど排出していない牝馬でもあります。[b[br num=”1"][br [br num=”1"]の血を持った馬は少なからずしっかりとした実力を持って生まれてくるということでしょう。[br [br num=”1"]r nu[br num=”1"]なり未知数な部分も多いですが、少なくとも勝てない馬になる可能性はほとんど無いと考えていいでしょう。[br nu[br num=”1"]br num=[br num=”1"]評価もついているくらいなので、さらなる活躍を期待しても良いのではないでしょうか。[br num=[br num=”1"] num='1"]'> 【ダビマス】プルークボーゲンの血統解説② 血統

タカラカンナの父サッカーボーイは珍しいファイントップ系の種牡で、珍しい系統を持っている牝馬はそれだけでも配合が面白くなりやすいので価値があります。[br num=[br num=”1"]r num=”1[br num=”1"]ようにスイートラベンダーの血を引いている名牝で、この遺伝子が配合にかなりいいように作用するようです。[br num=”1[br num=”1"]br num=”1"][br num=”1"]ound-color:#00FFFF;">速力因子が4つ、底力因子2つ、長距離、早熟、晩成、堅実、気性難がそれぞれ1つずつと、かなり因子の種類が多くなっています。[br num=”1[br num=”1"][br num=”1"][br num=”1"]ップに因子がついていないのは謎ですが、因子としては様々な可能性があって面白いと思います。[br num=”1"][b[br num=”1"][br num=1">短距[br num=1">短距離の因子はスタミナが少し下がってスピードが大きく上がり、長距離の因子はスピードが少し下がってスタミナが大きく上がるので、この両方を作用させれば両方の能力を底上げできるかもしれませんね。[br num=”1"]um='1"]'>

如何でしたか?[b[br num=”1"][br [br num=”1"][br num=”1"][br [br num=”1"]しょうか?[br [br num=”1"][br nu[br num=”1"]”1"]て調べ[br nu[br num=”1"]ね!

SNSで話題!?