【ダビマス】プルークボーゲンの最強配合

ダビマスプレイヤーの皆さん、プルークボーゲンの配合をしたことはありますか?

プルークボーゲンはランク「優」の繁殖牝馬は、父がサッカーボーイ、母がクリムゾンラトラーで、モデルは『タカラカンナ』です。

代表産駒はマイネルキッツで、天皇賞春を勝利しています。

繁殖牝馬としての実績はその程度で、あまり目立って成績が良い方ではありませんが、そこそこ稼ぐ馬を多く作ったという印象でしょうか。

今回はこのプルークボーゲンについて、最強の配合は何なのか、検証していきたいと思います。

【ダビマス】プルークボーゲンの最強配合 ストリートセンス起点

まずはストリートセンスを使った3代配合をご紹介します。

☆5馬『ハーツクライ』を使って牝馬を引かなければ行けないので、多少ハードルは高いですが、かなり良い馬が生まれる配合と言われています。

具体的には、まずプルークボーゲンとネオユニヴァースを配合します。

ネオユニヴァースは☆4種牡馬で、能力は高いですが気性に難がある馬ですね。

そして次にハーツクライを入れます。

ハーツクライは実績、気性がAとなっており、気性がCのネオユニヴァース、安定がAで実績がBのストリートセンスの間に挟むには絶好の馬です。

配合理論がなくとも、この配合はかなり相性が良い配合と言えそうですが、ここで最後のストリートセンスと完璧な配合が成立します。

これはかなり強そうな馬ができそうな配合ですね。

【ダビマス】プルークボーゲンの最強配合 テスタマッタ

テスタマッタは☆4の種牡馬です。

安定B、実績B、気性Cとあまり安定性は高くありませんが、非常に高いダート適性を持っており、さらに体質がAなので丈夫な馬が生まれてくれそうです。

ノーザンダンサーのクロスも成立しているので、底力の因子を受け継いでかなり勝負根性のある馬にもなりそうです。

特筆すべきはなんといっても『見事な配合』が成立するという点です。

見事な配合は代重ねでもない限り中々成立する配合ではなく、完璧な配合が起こりにくいのも基本的にはこの見事な配合の成立率の低さが原因となっています。

そんな見事な配合では、クロス効果がより強くなりやすいので、ノーザンダンサーという強力な種牡馬の血がより濃くなり、きっと強い馬になってくれるでしょう。

【ダビマス】プルークボーゲンの最強配合まとめ

如何でしたか?

両方共にかなり良い配合だと思います。

特に見事な配合は☆4馬と一発で成立する配合なので、お手軽なのではないでしょうか?皆さんも是非試してみてくださいね!

SNSで話題!?