【ダビマス】凱旋門賞に勝った馬とは?

【ダビマス】凱旋門賞に勝った馬は?

ダビマスプレイヤーの皆さん、凱旋門賞にはもう勝利しましたか?[br num=”1"] 凱旋門賞といえば、フランスで一年に一度名馬達が集まる最高峰のレースで、距離はジャパンカップと同じ芝2400メートル。[b[br num=”1"]まさにフランス版ジャパンカップ、いうなればフランスカップといったところでしょうか。[br [br num=”1"]本人騎手や日本馬主でも、このレースに憧れる人達はかなり多く、数々の名馬達が挑戦してきましたが、最高成績はナカヤマフェスタ、オルフェーヴル(2度)の2位。[br nu[br num=”1"]日本ではこの凱旋門賞は神格化されており、このレースに勝利した欧米産駒は、欧米での評価よりも日本での評価の方が高くなる傾向にあります。[br num=[br num=”1"]ダンシングブレーヴやトニービン等は、欧米での評価を覆して日本で種牡馬としてかなり活躍した馬達です。[br num=[br num=”1"]そんな、凱旋門賞に勝利した馬を紹介します。[br num=”1[br num=”1"]pan id="i-2"> 【ダビマス】凱旋門賞に勝った馬① ダンシングブレーヴ

ダンシングブレーヴはイギリスの競走馬で、出身はアメリカ合衆国です。[br num=”1[br num=”1"]しては大種牡馬である「ニジンスキー」「リボー」クラスの高評価を受けていたダンシングブレーヴですが、特に凱旋門賞に勝利したことでその評価を確固たるものにしました。[br num=”1"][b[br num=”1"]の凱旋門賞は出走15頭中11頭までがG1馬という超豪華メンバーでのレース。さらには超後方、大外から差し切って勝利という恐ろしい末脚を見せつけたのです。[b[br num=”1"][br [br num=”1"]n style="background-color:#00FFFF;">競走馬としては当時歴代最強とまでいわれていたダンシングブレーヴですが、種牡馬として評価はされていませんでした。[br [br num=”1"]r nu[br num=”1"]する前にシャルコー・マリー・トゥース病という奇病を発症してしまったのです。[br nu[br num=”1"]br num=[br num=”1"]性のある病気で、不治の病とさえいわれており、このままでは種牡馬入りは困難と思われていましたが、なんと日本ではそれから8年程、種牡馬として活躍し、その期間で名産駒を次々と排出しました。[br num=[br num=”1"][br num=[br num=”1"]聞きますから、凄まじい根性を持った馬ですね。[br num=[br num=”1"] num='1"]lignnone' size-full wp-image-803 height="215" src="http://dabimasu.site/wp-content/uploads/2017/01/imgres-38.jpg" width="234">

【ダビマス】凱旋門賞に勝った馬① トニービン

トニービンはイタリア生まれの競走馬で、ダンシングブレーヴと同じくダビマスでも多くの競走馬の親系統にこの馬を見ることが出来ます。[br num=”1[br num=”1"] num='1"]lor:#FFFF00;"'>凱旋門賞を勝利したその実力はもちろん、産駒を見てもベガ、ウイニングチケット、サクラチトセオー、エアグルーヴ、ジャングルポケットとかなり優秀な産駒成績を残しています。[br num=”1[br num=”1"][br num=”1"][br num=”1"]た馬なのではないでしょうか。[br num=”1"][b[br num=”1"]m='1"]'>

如何でしたか?[b[br num=”1"][br [br num=”1"]um=”1"]く知[br [br num=”1"]らにダビマスが楽しくなるかもしれませんね!

SNSで話題!?