【ダビマス】馬体解析『成長タイプ』とは?

【ダビマス】馬体解析『成長タイプ』とは?

ダビマスプレイヤーの皆さん、馬体解析で表示されるステータスは全て理解していますか?[br num=”1"] 才能や能力、成長タイプやコメント等、馬体解析では様々な情報が飛び交っています。[b[br num=”1"]全て必要な情報なので、出来る限り全ての情報に関する知識をつけておきたいですよね。[br [br num=”1"]こで今回は、馬体解析の中でも特に重要な『成長タイプ』についてご紹介します。[br nu[br num=”1"]

【ダビマス】馬体解析『成長タイプ』一覧!

まず成長タイプですが、馬の成長タイプには『早熟』『持続』『普通』『晩成』の4種類があります。[br num=[br num=”1"]早熟と持続については注意が必要で、この2つを馬体解析時に見分けることは出来ません。[br num=[br num=”1"]析で見分けることが出来るのは早熟度ですが、基本的に早熟タイプも持続タイプもピークまでにかかる時間は同じです。[br num=”1[br num=”1"]からの息の長さが違い、持続タイプはピークを過ぎても能力低下が緩やかなので、しばらくの間はレースのグレードを落として賞金を稼ぐ事ができるでしょう。[br num=”1[br num=”1"]プだと一気に能力が低下していってしまうので、基本的には持続タイプの下位互換といって過言ではないでしょう。[br num=”1"][b[br num=”1"]kground-color:#FFFF00;">早熟タイプが出た時は、基本的に持続ではなく早熟タイプだと思って立ち回っておけば、持続タイプだった時にも対応出来るので良いと思います。[b[br num=”1"][br [br num=”1"]und-color:#00FFFF;">晩成タイプは持続タイプと同じく能力が緩やかに低下していくタイプですが、持続タイプと違って脳力の常勝も緩やかになっています。[br [br num=”1"]r nu[br num=”1"]らいでピークを迎え、そこから7歳辺りまで活躍出来るでしょう。

【ダビマス】馬体解析『成長タイプ』別、育成法

特に成長タイプで気をつけなければ行けないのは『早熟』で、成長タイプが早熟側に振り切っている場合は、入厩コメントを待っている余裕はありません。
恐らく、その馬は4歳馬に行く前にピークを迎えてしまうので、早めに入厩して調教し、三歳馬のGⅠ(クラシック三冠)を目指して行くと良いと思います。
晩成タイプの場合、3歳時にもう一度馬体解析をしてもいいでしょう。
レースでも能力は上がるので、上がった能力を確認しつつ、さらなる調教の方向性を考えていくといいと思います。
この方法は早熟馬でやってもほとんど意味が無いので気をつけましょう。

【ダビマス】馬体解析『成長タイプ』まとめ

如何でしたか?ダビマスの成長タイプは、新たに『持続』が増えて少しややこしくなっているかもしれませんね。成長タイプにあった調教で、最強馬を目指しましょう!

SNSで話題!?