【ダビマス】成長とピークの関係について

【ダビマス】成長タイプとピーク

ダビマスプレイヤーの皆さん、成長タイプとピークについては正しく理解していますか?[br num=”1"] ダビマスでは、成長タイプによってピークが存在し、さらに入厩や馬能力等、様々な要素でピークが左右されます。[b[br num=”1"]
馬の能力がピークに達するとそれ以上能力が伸びることはないので、BC登録などもこのタイミングでしておくのがベストという事になりますし、ピークのタイミングを理解しておくことは、このゲームを攻略する第一歩と言っても過言ではないでしょう。[br [br num=”1"]いうことで今回は、成長タイプとピークについてご紹介致します。[br nu[br num=”1"]

【ダビマス】成長タイプとピーク① 早熟

早熟系のピークタイプは、早熟と持続の2タイプが存在しています。[br num=[br num=”1"]は『早熟』。こちらがオーソドックスな早熟タイプで、3歳後半辺りまでにかけて急激に能力が上昇し、ピークに達します。[br num=[br num=”1"]yle="background-color:#00FFFF;">ピークに達した後はあまり長く無く、ピークが終了すると急激に能力が減衰していくタイプです。[br num=”1[br num=”1"]プはBC登録のタイミングが特にシビアで、少しでもピークを過ぎると能力が変わってきてしまうので、資金があるならば出来るだけこまめに馬体解析を行っていきたいですね。[br num=”1[br num=”1"]rong>『持続』。こちらは早熟タイプと同じように急激に能力が上昇していく特性を持っていながら、ピークを過ぎても能力減衰が緩やかなタイプとなっています。[br num=”1"][b[br num=”1"]tyle="background-color:#00FFFF;">とはいえ、やはり能力は下がるのでBC登録のタイミングはしっかり見極めていく必要があるでしょう。[b[br num=”1"][br [br num=”1"]プは、資金が早めに回収できるので、初心者にオススメの成長タイプです。早熟系の馬が出来たら、資金回収用と割り切ってBC登録せずにはやめに引退させてしまっても良いかもしれません。

【ダビマス】成長タイプとピーク② 晩成

晩成タイプは、緩やかに成長していくタイプです。[br [br num=”1"]r nu[br num=”1"]4歳馬時あたりから始まり、基本的にピークが長いという特徴があります。[br nu[br num=”1"] num='1"]und-color:#FFFF00;"'>ピークタイムまでに多くの調教を積めるだけあって、最終的な能力は早熟タイプより高くなりやすいです。[br num=[br num=”1"]br num=[br num=”1"]よりこちらの晩成タイプをオススメします。

ただ、長いとはいえピークを過ぎてしまえば少しずつ能力が落ちていくので、6歳に差し掛かる辺りから馬体解析を行っておきたいですね。[br num=[br num=”1"] num='1"]color:#FFFF00;"'>晩成系の成長タイプは、馬をじっくり育てたい方にオススメです。特に資金に余裕がある上級者向けかもしれませんね。[br num=”1[br num=”1"]br num=”1"][br num=”1"] 【ダビマス】成長タイプとピークまとめ

如何でしたか?[br num=”1[br num=”1"][br num=”1"][br num=”1"]出来るので、最初にしっかり確認して、成長タイプにあった調教を行っていきましょう!

SNSで話題!?