【ダビマス】成長期(3歳)について

【ダビマス】成長タイプ別、3歳時の過ごし方

ダビマスプレイヤーの皆さん、馬の育成で一番大事な時期はいつだと思いますか?[br num=”1"] 成長タイプにもよりますが、全体的に見ると私は『3歳時』が重要になってくると思います。[b[br num=”1"]特に成長タイプや馬の初期ステータスによって調教方針を定める事が重要で、基本的にはどんな馬でも活かすも殺すもこの調教次第だと思います。[br [br num=”1"]違っても、オート調教にしないほうが良いでしょう。オート調教ではレースに合わせて調教を整えてはくれますが、出走も調教も割と適当です。[br nu[br num=”1"]

ということで今回は、3歳時にどのように調教メニューを組んだらいいか、ご紹介致します。[br num=[br num=”1"]mg alt="" class="alignnone size-full wp-image-568" height="160" src="http://dabimasu.site/wp-content/uploads/2017/02/imgres-2.jpg" width="240">

【ダビマス】成長タイプ別、3歳時の過ごし方① 早熟

まずは早熟タイプの場合、3歳時以前の調教をしっかりこなしておく必要があります。[br num=[br num=”1"]教もあるならば早めに済ませておきましょう。[br num=”1[br num=”1"]e="background-color:#00FFFF;">馬体解析で早熟タイプと判明した場合は、入厩コメントを待たずに入厩し、調教を早めに進めておく事をオススメします。[br num=”1[br num=”1"]になりそうであれば、3歳時には既にGⅠに出せるレベルまで仕上げておきたいです。
所謂クラシック三冠と呼ばれる、秋華賞、菊花賞、ダービーには是非狙って出走していきたいですね。[br num=”1"][b[br num=”1"]るのはダビマスでは早熟馬でないと厳しいでしょう。[b[br num=”1"][br [br num=”1"]走出来ないレースなので、特に3歳時はこれらのレースの開催情報を確認しておくことが重要ですね。[br [br num=”1"]>[br nu[br num=”1"]t; 【ダビマス】成長タイプ別、3歳時の過ごし方② 晩成

晩成タイプはそこまで焦らなくても大丈夫です。[br nu[br num=”1"]br num=[br num=”1"]ック3冠は、晩成馬で取るものではないので無視しましょう。[br num=[br num=”1"][br num=[br num=”1"]、古馬達と戦っていくことになります。[br num=[br num=”1"] num='1"]color:#FFFF00;"'>有馬記念や天皇賞、さらには海外レースまで、大きなレースがかなりたくさんあるので、晩成馬のほうが育てがいは多いかもしれませんね。
ただ、3歳時でまだ馬がデビュー出来ていない場合は、焦ったほうが良いかもしれません。3歳を過ぎて未勝利だと出走できるレースがなくなってしまいます。この場合は引退するしかありません。
正直、3歳までにデビュー出来ていない時点でその馬は諦めたほうが良いのかもしれませんが、晩成馬であれば成長度がかなり高く、そこからの伸びしろでGⅠが取れるという可能性もあります。特にスピードに関しては序盤にしっかり調教しておき、未勝利戦くらいは勝たせてあげたいですね。

【ダビマス】成長タイプ別、3歳時の過ごし方まとめ

如何でしたか?色んな成長タイプがありますが、成長タイプにあった育成をしてあげてくださいね!

SNSで話題!?