【ダビマス】セルフメンション×ダイワメジャー

【ダビマス】セルフメンション×ダイワメジャーの配合論!

ダビマスプレイヤーの皆さん、自分だけの配合は見つかりましたか?

ダビマスでは、様々な世代の名馬達が繁殖牝馬、種牡馬として登場するので、配合を考えだしたらキリがないですよね。

特にお気に入りの競走馬がいると、より配合も楽しくなる事と思います。

今回は、そんな種牡馬や繁殖牝馬の中から、ダイワメジャーとセルフメンションの配合理論についてご紹介致します。

【ダビマス】セルフメンション×ダイワメジャー① 能力

まずは各馬の能力を見ていきましょう。

ダイワメジャーは安定A、実績Aという安定感抜群の☆5種牡馬です。

特筆すべき点として、気性がAと安定しており、早熟タイプなので初心者にも扱いやすくなっています。

血統としては少し因子が薄いのが難点ですが、ヘイルトゥリーズン系はかなりメジャーな血統なので、クロスを有効にしていけばあまり問題なく良い配合ができるかと思います。

次にセルフメンションです。

セルフメンションは父がHighest Honor、母がLatifoliaでモデル馬はダンサーズデトワールとなっています。

セルフメンションはダビマスでは最も評価の高い『名牝』ランクの繁殖牝馬とされていますが、その中ではなぜかあまり競走馬として、繁殖牝馬としての成績が良くない牝馬です。

G1複数勝利馬どころかGⅠ勝利馬自体排出しておらず、最高成績がGⅡ2勝となっており、名牝達は少なくともGⅠ勝利馬を排出している馬がほとんどなので、気になるところではありますね。

血統は珍しいゼダーン系となっており、面白い配合は作りやすい方ではありますが・・・実績を顧みるとあまり信頼出来る牝馬ではないかもしれません。

とは言え、現実の競馬とダビマスでは事情が違いますし、ダビマスでは繁殖牝馬は能力より血統が重視される傾向があります。

血統は良いので上手くハマれば活躍出来ると思います

【ダビマス】セルフメンション×ダイワメジャー② 配合

セルフメンションとダイワメジャーの配合は、ノーザンダンサーのクロスが成立しています。

ノーザンダンサーは底力のクロスの因子を持っており、配合相性も悪い方ではないので、安定A、実績Aのダイワメジャーの能力を活かすことが出来れば、かなりいい配合になりそうですね。

【ダビマス】セルフメンション×ダイワメジャーまとめ

如何でしたか?

ダイワメジャーは非常に安定感が高いので、他の配合にもどんどん使っていけると思います。

皆さんも是非この配合を試してみてくださいね!

SNSで話題!?