【ダビマス】アーケードクイーン編

【ダビマス】コスパ馬『アーケードクイーン』

ダビマスプレイヤーの皆さん、アーケードクイーンを購入してみたことはありますか?

このアーケードクイーンは低コストながら意外と勝てる配合が出来る事から、かなりコスパの良い繁殖牝馬となっています。

低コストで尚且つ牝馬としての評価も『無』と非常に低いため、かなり注目度は低いですが、特に種牡馬より繁殖牝馬の方が手に入りづらい初心者の頃はオススメしたい牝馬です。

今回はそんなアーケードクイーンについてご紹介致します。

【ダビマス】コスパ馬『アーケードクイーン』① 血統

アーケードクイーンは祖先馬を見ると、かなりマイナーな血統を持っているように見えます。

しかし、系統はノーザンダンサー系。マイナーな血統ながら優秀な血を引いているという所がポイントで、これにより面白い配合でかなり良い産駒を残すことが出来ると思います。

さらに最大のポイントとして、なんとこの牝馬は初期配合でも完璧な配合を行うことが出来ます。
 

☆3馬と完璧な配合、そして☆4馬と初期配合で見事な配合が成立するという、非常に使いやすく初心者にオススメしたい一頭ですね。
 

さらに因子もかなり優秀で、早熟1、晩成1、短距離1、長距離3、底力3、速力2、ダート1と様々な因子をバランスよく持っているので、クロスに応じて付けたい能力を伸ばしていくことが出来るでしょう。

【ダビマス】コスパ馬『アーケードクイーン』① 配合

まずは完璧な配合からご紹介致します。

配合相手は☆3トウケイヘイロー、能力はオールB。

トウケイヘイローとはノーザンダンサーのクロスが濃いので勝負根性も伸ばせるかなりいい配合だと思います。

次に見事な配合ですが、こちらのほうが個人的にはオススメ出来る配合です。
 

配合相手は☆4エスポワールシチー。安定、実績、気性、体質がBで底力がA、そしてダート適性が非常に高い種牡馬です。
 

適正距離が短いのが少し気になりますが、ノーザンダンサーのクロスもしっかりかかっていますし、ヘイルトゥリーズン系×ノーザンダンサー系なので相性も抜群ですね。

Graustarkのクロスも有効で、非常にスタミナが上がりやすいので、調教はスピードを中心にしていくと成功しやすいでしょう。

☆4馬なので☆3馬を使った完璧な配合よりも良い結果が出るのではないかと思います。

【ダビマス】コスパ馬『アーケードクイーン』まとめ

如何でしたか?

ダビマスでは、種牡馬の能力が仔に牝馬よりも大きな影響を与えるので、種牡馬選びはしっかりしてあげてくださいね!
 

SNSで話題!?