【ダビマス】インブリードとは?

ダビマスプレイヤーの皆さん、インブリードは気にしていますか?

インブリードとは、親系統に同じ馬の名前が入った馬同士を配合する事で、この配合をインブリードが有効な配合、もしくはクロスの掛かった配合と言います。

インブリードを行うことで種牡馬の能力をより濃く継承出来るだけでなく、因子と言われる親系統表に四角で囲われている要素を、産駒に受け継ぐことが出来ます。

例えば『長距離』という因子は産駒のスタミナを大きく上げ、速力を少し下げ、逆に『短距離』の因子は産駒のスタミナを少し下げ、速力を大きく上げるといった具合です。

今回はこのインブリードについてご紹介しようと思います。

【ダビマス】インブリードとは?① 活用法

インブリードを上手く活用するには、配合表に現れやすい因子や馬を覚えておく必要があります。

特に系統の名前になっている馬は配合表に現れやすいです。

ノーザンダンサーやヘイルトゥリーズンといった超名手牡馬達は、底力の因子を持っています。
 

この底力の因子は産駒のスタミナを少し上げるだけでなく、勝負根性という能力を上げてくれます。
 

この能力値は高ければ高いほど、馬体を併せた馬からスタミナを削る効果があり、特に集団戦になりやすい先行、差しの馬で特に有効になります。

また、逃げ馬でも最後の直線で追随を防ぐことが出来ますし、追込でも最後の一粘りに使えるので、どの馬でも基本的には必要な能力です。

もう1頭の有名種牡馬であるレイズアネイティヴは速力因子を持っています。

速力はスピードを上げられる因子なので、先程の底力と合わせれば非常にバランスの良い能力上昇が期待できますね。

【ダビマス】インブリードとは?② 配合

実際にインブリードの強い配合を作ってみましょう。

初期馬『ウィリアムチョコ』はノーザンダンサー系ですね。

ここにキングカメハメハを付けてみましょう。

キングカメハメハは非常にスピードのある馬です。

このキングカメハメハは自身の能力であるスピードを安定A、実績Aという能力により色濃く仔に受け継ぐことが出来ます。

さらにこの配合はノーザンダンサーのクロスが2本。

これにより底力の因子を強く受け継ぐので、ウィークポイントであるスタミナを補うことが出来ますね。

このようにインブリードを上手く使って、因子で能力を補っていくと良いでしょう。

【ダビマス】インブリードまとめ

如何でしたか?

他にもインブリードを使った良い配合はたくさんあるので、是非試してみてくださいね!

SNSで話題!?